メニュー
    • お問い合わせ
    • 電話
素材にこだわる

素材にこだわる


自然素材で建てる家。

株式会社ヤマイチでは、

◎杉、ひのきそれぞれの特長を活かした国産の木材
◎湿度の高い群馬の家にはぴったりの漆喰の壁
◎裸足が気持ちいい日田杉浮造りの床

を中心とした自然素材を使って家づくりをしています。

素材ピックアップ

珪藻土

稚内珪藻土を使用した塗り壁材です。化学物質を一切含まない無害安全な土壁材のため、施工時も施工後も安心して使用し暮らすことができます。調湿機能に優れ、消臭機能も持つという、性能面においても他素材に引けを取らない点もポイントです。

稚内珪藻土は、原料自らが呼吸し湿度センサーとなって、居室内の湿度をコントロールしてくれます。壁面を何かで塞がない限り、機能は半永久的に続きます。ヤマイチでは、直接工場と提携し、他社にはない自社独自の珪藻土を使っています。

土佐漆喰

安全で安心の空気環境を。1日に大型バス1台分吸うとも言われる部屋の空気。毎日過ごす室内だから、その空気環境を整える。 当たり前のようなことですが、実はそこまで気を使った家が全てかというとそうではありません。

ヤマイチの壁には、土佐漆喰を使用しています。一般的なビニールクロスに比べてホコリや静電気の発生を防ぐことはもちろん、人間が本来求める自然の中の気持ちよさを演出するのも、土佐漆喰の良さです。

浮づくり

日田杉 浮造りの床

「浮造り(うづくり)」とは、木材の表面を何度もこすることで、年輪の凹凸を際立たせる加工のことです。

ヤマイチではこの浮造りの床をおすすめしています。裸足でも冷たさを感じさせず、気持ちの良い足触りが特長です。足裏に受ける適度な刺激が心地良く、凹凸で滑りにくいため、お子様からお年寄りまでどなたも歩行が楽に感じます。

特にヤマイチでは、凹凸の深さまでこだわったオリジナルの浮造り床を採用し、より気持ちの良い床をご提供しております。日本の文化にぴったりな“浮造りの床”の魅力をどうぞご体感ください。