メニュー
    • お問い合わせ
    • 電話
No Image

解体工事を開始致しました。


2018.03.31 カテゴリ: タグ:

解体工事を開始致しました。 築40年以上のコンクリートブロック造という建物です。

当時はかなり流行った工法ですが、今ではほぼ皆無なつくりとなっております。 RCよりも後期短縮とコストダウンに優れている、そして木造よりも耐久性が高いと考えたのでしょうか? 当時は、断熱材等を充填して室内の住環境を整える、また、光熱費などにかかる消費エネルギーを押さえる、などの考え方が始まる前の事でしたし、冬は寒い夏は暑い家が当たり前の時代でした。 前橋辺りですとこのつくりでもある程度の住環境は確保できますが、結露は半端ないです。 そしてちょっと寒冷地に行きますと、てきめんに性能の低さが現れます。 実は、軽井沢辺りでもブロック造の家を結構見る事がありますが、家の中が半端なく寒いですし、結露も凄いです。 このコンクリートブロック造は、もともと今回のような一般住宅に採用される事は割と少なめで、どちらかと言えば、行政の官舎などによく見られる場合が多いです。当時はどちらかと言えば高級志向の部類に入ります。 室内の雰囲気には昭和の香りがプンプン致します、そして高度成長期を華々しく駆け抜けてきたオーラさえも感じてしまうのは私だけでしょうか?

日本の華々しい成長を感じさせる、ある意味素敵な建物です、ちょっとした近代文化遺産の住宅バージョンと言ったところでしょうか? 今回惜しまれながらも取り壊しが進んでいきますが、この後は、お母さんとお子さん含めの三人が住む、小さいながらも幸せを育む家がつくられる運びとなっております。 この家も取り壊されてしまいますが、これからこの地に住むご家族を空の上から見守って頂きけると有難い、そんな気持ちでおります。


関連記事
この記事をシェア